トップページ > プレスリリースリスト > 野生稲の染色体を日本水稲に導入した、新しい育種素材としての染色体断片導入系統群の作出

生物研ロゴ 農研機構ロゴ
プレスリリース
平成24年9月10日
独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 作物研究所
独立行政法人 農業生物資源研究所

野生稲の染色体を日本水稲に導入した、新しい育種素材としての
染色体断片導入系統群の作出

- 栽培品種が失った重要な特性の遺伝子源として期待 -


ポイント
  • 日本の水稲品種の染色体の一部を野生稲1)の染色体2)に置き換えた系統群を開発しました。
  • これらの系統群を育種素材とすることで、栽培稲では失われた野生稲の遺伝子を品種改良に利用することが可能となります。

概要

  1. 現在栽培されている水稲品種は、野生稲から長い年月に渡る選抜によって選び出されたと考えられています。その栽培化の過程で、栽培種が失った有益な遺伝子が、野生稲には残っている可能性があります。しかし、野生稲は多くの不良な形質も持っているため、野生稲を直接観察しても、有益な形質の遺伝子の有無を判断することは困難です。そこで、交配により栽培品種の染色体の一部を野生種の染色体に置き換えることで、野生稲の不良な形質を切り離し、有益な遺伝子を見出すことができると期待できます。
  2. タイ原産の野生稲 Oryza rufipogon (オリザ ルフィポゴン)やスリナム原産の野生稲 Oryza glumaepatula (オリザ グルメパチュラ)の染色体の一部を日本の水稲品種に導入した3種類の系統群を、DNAマーカー3)を使って選抜しました。
  3. 開発された系統群は、野生稲の染色体断片を1部分ずつ、日本品種の「コシヒカリ」や「いただき」に導入した系統群です。各40から47系統で構成され、各系統に導入された染色体断片を合わせると、元来の野生稲の12本の染色体全体をほぼカバーしています。
  4. O. rufipogon 」の染色体を導入した系統群は平成22年4月から研究素材として配付しています。「O. glumaepatula 」の系統群は平成24年4月より新しく配付を開始しました。これらの系統群を様々な育種目標の形質について評価することによって、新しい遺伝子を野生稲から見出すことが期待できます。
  5. 本研究は、(独)農研機構 作物研究所が(独)農業生物資源研究所と共同で行いました。
予算:運営費交付金
農林水産省委託プロジェクト「新農業展開ゲノムプロジェクト」(平成22−24年度)
プレスリリース全文 [PDFファイル:364KB]
【発表論文】
Hideyuki Hirabayashi, Hiroyuki Sato, Yasunori Nonoue, Yoko Kuno-Takemoto, Yoshinobu Takeuchi, Hiroshi Kato, Hiroshi Nemoto, Tsugufumi Ogawa, Masahiro Yano, Tokio Imbe, Ikuo Ando (2010)
Development of Introgression Lines Derived from Oryza rufipogon and O. glumaepatula in the Genetic Background of Japonica Cultivated Rice (O. sativa L. ) and Evaluation of Resistance to Rice Blast. Breeding Science Vol.60, No.5 604-612
DOI:10.1270/jsbbs.60.604, JOI:JST.JSTAGE/60.604

問い合わせ先など

研究推進責任者:(独)農研機構 作物研究所 所長 門脇 光一
研究推進責任者:(独)農業生物資源研究所 理事長 石毛 光雄
研究担当者:(独)農研機構 作物研究所 稲研究領域
主任研究員 平林 秀介 TEL 029-838-8808
(独) 農業生物資源研究所 農業生物先端ゲノム研究センター長
矢野昌裕  TEL 029-838-6003
広報担当者:(独)農研機構 作物研究所 企画管理室 研究調整役 老田 茂 
TEL 029-838-8260、FAX 029-838-7488
(独)農業生物資源研究所 広報室長 井濃内 順 TEL 029-838-8469

【掲載新聞】 9月12日水曜日:化学工業日報、9月19日水曜日:日本農業新聞

本資料は筑波研究学園都市記者会、農政クラブ、農林記者会及び農業技術クラブに配付しています。

↑PAGE TOP